引越し先

 旦那に連れられて、引越し先の物件を見てきました。
一旦バスで降りて、畦道に毛が生えた?って感じの細くてやたら難解な
道を歩いていったのですが、なぜかその途中の住宅地のどまんなかに
トタン塀の、どうみても工業施設としか思えない場所が・・

実はその場所、最近よくマスコミで取り上げられる ”噂の現場”だったのでした。

 その現場を心配そうに横目で見ながら、さらに五分ほど歩いたら新居に着きました。
まずは旦那と一緒に雨戸を開けて、お部屋全体に雑巾をかけます。
フローリングはあまり汚れていなかったのですが、和室の畳が汚い・・(;´д⊂)
 ハウスクリーニングをケチったな、とプチ怒りながら雑巾をかけました。
その後、必要な場所の写メを撮ったり、サイズを測ったりしてから
帰ることになったのですが、新居を外から見たら
不動産屋さんが「自転車置き場作っておくようお願いしておきます」と言っていたのに、
自転車置き場のじの字もない・・あるのは雨ざらしの駐車場だけ。
 更にキレそうになりつつ、旦那が不動産屋さんに連絡してくれたのですが、
「駐車場の一角に自転車を置けるようにしておきましたwwwww
屋根とかはありませんwwww
白線を引く予定でしたがなくなりましたwwwwwサーセンwwww」
みたいな事を言われました。ふざけるな大○不動産。

それから回りを歩いてみたのですが、なんというか。
ウン十年前の武蔵浦和周辺を見たという感じでした。
 帰りにバス停まで行きとは違う道を歩いたのですが、
やはり畦道に毛が生えた程度の道で、その上にあの噂の現場のトラックやらミキサー車が
人が歩いている横をガンガン通っていく・・。
おいおいここって仮にも政令指定都市の一部なんだよね?
この間市制が施行されたばかりの、うちの母親の実家の近くの方が
よっぽど便利で暮らし良さそうなんだが・・と頭痛がしました。
 さらに問題をみつけたのはバス停に着いてから。
なんと、私の仕事場方面に向かうバスが、(往復含めて)一日に十本以下!

旦那がどうしても引っ越したいっていうから引っ越すんだけど、
いやだなやっぱり引っ越すの・・と悲しくなりました。
[PR]
by arkangelmr | 2007-04-05 12:08 | 日常生活


<< 落ち着きました。 辺境へ >>