引越し後の招かざる客

 どうやら旦那お気に入りの奥地物件には他の御家族が入られたようです。
その知らせをがっくりした旦那から受けて、悪いけどほっとした自分がいます。
旦那ごめん _(._.)_

 去年、新居が決まった後すぐに招かざる客が来襲しました。
その客の名を "NHK"といいます。
実は、放送法第32条という法律があって 基本的にうちは
その法律上、NHKに受信料を払う条件が満たされていません。
それなのに "何が何でも金払え。放送法第32条?そんなの関係ないわヴォケ!"と
いわんばかりに係りの人が押しかけてきました。
旦那が「こういう法律があって、うちは払う条件が満たされていません。
だから払えません」といってもダメなのです。
 係りの人が旦那とバトルして、旦那にけちょんけちょんに言い負かされてからは
旦那がいない、私が夕飯の支度をしている夕方に
「ここに貴方の名前と住所を」と、紙(恐らく、契約書と二枚複写になっていると
思われるもの)を持った係りの人が現れるようになりました。
私は「世帯主ではないのでサインできません。世帯主は生きていて動きますから
申し訳ありませんが何時に確実にこちらにいるとは断言できません。
お帰りください」と言うようにしました。
********************************************
以前、NHKの現場に知己がいたのですが、その頃から
極右的にNHK以外認めない!何が何でも受信料払え!って人と、
民放も自分の仕事上の研究・スキルアップのためにすすんで見聴きします
受信料?払いたければ払えば~って人とほぼ半々でした。
前者のような人は、日放労(早い話が、NHKの労働組合です)に
入って精力的に活動しているような人たちなので、危機感は持って・・は
いるのかな、という風ではありました。(後者はまったくのノンポリ)
まあ、今でも反NHKサイトの掲示板を荒らすような人たちは
ほぼ前者のような人たちじゃないかと私は思うんですけれどね・・。
 圧巻だったのは、彼らが楽しみにしている社員旅行のお土産話を聞いたりしてる時。
以前、実家の母の田舎の方に社員旅行に彼らがきたことがあったのですが、
母と一緒にその土地に足をちょくちょく運んでいた私が聞いて、
「うあ、何やってるの?お金の無駄遣いじゃんそれ!」と憤激するような
エピソード満載だったことをよく覚えています。
同じ頃に、学友からそこの某アナにたんまり貢いでもらったりとかの逸話も
さんざん聴かせてもらったし・・。

で、その頃からNHKって信用できないな、受信料払いたくないなという
気持ちが私の中で強くなったような気がします。

実は、その知己から「将来、ここにおいで」って言われていて、
最近その人のごく近くで求人募集をかけていたので少し心が揺らいだのですが・・。
旦那の「ふざけんなヴォケ!すぐに契約切る気だろ!」の一言で
めでたくお流れになりました。
[PR]
by arkangelmr | 2007-02-03 16:26 | 日常生活


<< 【どこですか?】 納期~~~(;´д⊂) >>